カテゴリー
ヘアケア

髪がバサつく原因と対処方法

髪がバサつく原因はいくつかあります。

冬は特にバサつきが目立つなんてことはないでしょうか。

髪がバサつくと横に広がったようになり纏まりが悪くなります。

せっかく美容室行って髪を綺麗にしてもバサついていては勿体ないです。

今回は髪がバサつく原因と対処を紹介します。

髪がバサつく主な原因は、油分が足りなくなることによる乾燥です。

髪にダメージを与えることが原因で油分が不足する場合もあります。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

1.髪は普段のドライヤーでも髪が痛む

髪を乾かすときのドライヤーでも髪は傷んでしまいます。

ドライヤーの熱で髪の色が落ちてしまった経験のある人もいると思います。

ドアイヤーは近すぎると痛みの原因になります。

対処方法

対処法はやはりお風呂上りに髪を乾かす前にヘアオイルをつけることで熱から髪の毛を守ることです。

ドライヤーの位置も拳2個分の距離開けることが理想です。

2.カラーやパーマが原因によるキューティクルのダメージ

  カラーやパーマはとても髪に負担がかかります。

  ダメージが原因でキューティクルが破損し乾燥の原因になります。

  対処方法

  カラーとパーマをした後にきちんとトリートメントで栄養を入れ保護してあげることが大切です。自宅でもきちんとシャンプーのあとにトリートメントをすることも大切です。

  ※注意:トリートメントはしっかりと流さないと頭皮が荒れる原因になります。