カテゴリー
スキンケア

夏に顔がベタつく、そんな時はハーブボウルがおすすめ!

朝起きると肌がベタつく、これは就寝中に代謝が行われているからですが、ベタつく肌を水だけで洗っても鼻周辺のベタつきは残されます。そこで、入浴時間に薬草風呂をおすすめします。入浴時間に汗を流し、薬草成分が肌に浸透していくと、さっぱり綺麗に、仕上がります。

http://www.sagamirai.jp/

薬草風呂とは?

全身、顔のお肌を美しくする薬草、ヨモギ、柑橘系など…昔から薬草風呂は使われます。最近はハーブボウルを作り、乾燥、フレッシュタイプのハーブが人気です。

ミント、カモミールなどをミックスして浴槽につけておきます。すると、薬草風呂の出来上がり。香り良く、肌がさっぱします。特に蒸し始める春先から夏にかけての利用はおすすめです。

ハーブボールで鼻周辺をトントン!

ハーブボウルは入浴に使用する時、ハーブを布に詰めてから丸く包みます。入浴中に腕や胸元をトントンと叩く使い方もおすすめできるモノです。そして、そのハーブボウル、少し小さめに作っておき、顔の鼻周辺でトントン、額でトントン、頬でトントンとしてみると、お肌もさっぱりします。

これから夏に向けてますますベタつき、皮脂が気になります。ぜひ、ハーブボウル、ハーブを用いた入浴方に挑戦してみてください。